2017年10月15日日曜日

2017/10/15 GL.iNet AR-150, OpenWRT / dd-wrt router

2017/10/15 遊べそうなルーターを買ってみた GL.iNet AR-150
Unfortunately this text is in Japanese only.
OpenVPNとか、イロイロ遊べそうなポータブル・ルーターを買ってみました。








スペックは以下
CPU Atheros 9331  400MHz
Memory DDRII 64MB
Storage 16MB flash
Interfaces 1 WAN, 1 LAN, 1 USB2.0, 1 micro USB (power), 1 Reset button, UART
Frequency 2.4GHz
Transmission rate 150Mbps
Max Tx Power 18dBm
Protocol 802.11 b/g/n
External Storage support FAT32/EXFAT/EXT4/EXT3/EXT2/NTFS
Webcam support MJPG, YUV
DIY features UART, GPIO,  3.3V & 5V power port
External antenna support Yes
PoE support Yes
Power input 5V/1A
Power consumption <1.5W
Dimension, Weigh 58*58*25mm, 39g

何年か前にTP-LINKのTL-WR703Nを買おうと思ったケド、Flash 4M / RAM 32M で遊ぶにはチョット不足気味。Flash 16M / RAM 64M に換装可能らしいが面倒なので見送っていたが、換装後した様な製品。CPU,WiFi SoCはAtheros AR9331で同じ。Firmwareも同じのが使えるとか見たけど、dd-wrtのftpサイトには専用が有った。
パッケージ
本体、USBパワーケーブル、簡単な取説。

小さいです。旅行用などのポータブルWiFiルーターとして使用する人も多いみたい。でも技適ないからWiFiは使用しない。WiFiも150Mまでだし。

WAN / LAN / Power
フツーに使うなら国内で売ってる2.4G/5GHzのポータブル・ルーターでいいのだが、、、

USB, Reset , mode-SW
最初からOpenWRTがFirmware!
USBもあるからHDDやwebカメラもOK。
Raspberry Pi 3 の上に乗っけると小ささが分かる。


OpenWrtプリインストール、web設定画面は独自の簡易版。でも良く見ると右上に advanced settings とかあるなぁ~。これ書いてる時はdd-wrt焼いた後だけど (^_^;

LEDEに置き換えたかったのですが良く知らないので、また今度。今回は使い慣れたdd-wrtを焼いてみました。
リセットボタン押したままPowerONしてLEDが点滅して10秒くらい待って放すとu-boot経由でfirmware upload 画面に接続可能になる。
 [GL.iNet] のwebのテクニカルページに親切にYouTube動画まで。。。以下、GL.iNetより転写。









Flash your own firmware to the router

The GL.iNet smart router is designed compatible with other AR9331 routers like TP-Link 703n, 720n etc. You can compile your own openwrt firmware or download other compatible ones from the internet, and then easily flash it to the router. Our own firmware can be download here: http://www.gl-inet.com/w/?page_id=115&lang=en
You cannot flash non-GL.iNet’s firmware directly using GL.iNet’s own web interface, because of the hardware version check. But you can use U-boot’s web interface. Here is a simple guidance.

  1. Connect your computer to the LAN or WAN port using internet cable. Leave the other port unconnected.
  2. While pressing the RESET button, power on the device. You will see the GREEN LED flashing.
  3. Hold the RESET button until the GREEN LED flash 5 times, the RED LED will light up. Release your finger now.
  4. Change your computer’s IP address to 192.168.1.2 manually netmask 255.255.255.0. E.g. in Windows 7, refer the attached picture to set your IP.
  5. Visit http://192.168.1.1 using your browser, you will see the following web interface.
  6. Click “Choose File”, choose your own firmware, then click “Upload”, and then wait unit your new system boot up.

GL.iNetのwebよりダウンロード。
基板の説明まである。
GPIOまであるので遊べそう。
OpenWrtの初期状態で、(左)既設ルーター直と(右)AR-150経由での速度。速度低下はなし。絶対速度は光回線が100Mbps契約なので、まぁこんなもんでしょう。

2017年10月4日水曜日

2017/10/04 Changing SIM card size IIJmio

2017/10/04 IIJmioSIMカードサイズ変更中で通信不可
Unfortunately this text is in Japanese only.
10/1にSIMカードサイズ変更手続き microSIM → nanoSIM をwebから行った。
翌日メールもLINEも通知が来なくて静かだなぁ~と思って、ふと端末を見るとモバイルデータが不通になっていた。たまにある接続不良かなと思って再起動すれど変わらず。そういえばサイズ変更手続き中は通信不能になるって書いてあったなぁ~。SIMが郵送される予定日は明日5日とメールが来てた!(別の端末で読んだ)
まぁ、別のAuの端末でメール読んだりしてたけどLINEが読めん!で、Au端末でテザリングしてたけど面倒。
端末変えるとAPPの移行は自動でできるケド、LINEは面倒くさそうだなぁ。
帰宅すればWiFiがあるし、PC LINEで不自由はないケド、明日、SIM受け取って換装するまで移動中はWiMAX 2+のWiFiで凌ぐ事にしよう。しかし、端末1台しか持ってない人(大抵の人は1台だよね)は即日切り替えじゃないと不便だよなぁ~。

2017年10月1日日曜日

2017/10/01 Counterplan : OsmAnd Can not display narrow char

2017/10/01 スマホ用 地図表示 神アプリ OsmAnd 半角文字 文字化け対策
Unfortunately this text is in Japanese only.
ベクター地図とラスター地図も取り扱える [神AppのOsmAndで文字化けする] 問題は忙しさに紛れて放置状態様子見だったが、久しぶりに自宅警備で徘徊して回ると予想どおり有志が解決されていた。感謝です。
今回参考にしたのは [上野家のホームページ][PC/地図/OsmAndOsmAnd - 資料室]
要点はフォントを変更するというモノ。

こんな状態でした。
全角半角交じりの場合に豆腐文字が。

フォントを入れ替えると正しく表示される。(ハングルは豆腐だが気にしない) 調査する時間が省けました。

2017/09/30 Nakano branch tributary of Kouzaki , Nigakoube-Dani

2017/09/30 コウザキ谷枝沢 ナカノ谷 (にがこうべ谷支流) 川辺川水系
Unfortunately this text is in Japanese only.
お誘いいただくがまま、西の内谷川近くのナカノ谷という沢へ。当日は5人で遡行の予定でしたが、生物学的分類で女性2人の都合が悪くなったため、久しぶりに野郎3人での遡行。
気温は27℃位まで上がる予定ですが、朝早いのと取り付きの標高がそれなりに高いため着替えると寒い。。。
国土地理院の地図には「にがこうべ谷」までしか載ってない、いつものパターン。更に「コウザキ谷も載ってないのに更にその枝沢の「ナカノ谷」という事で、どこで情報仕入れてるのか?
入渓直後が良い雰囲気。 岩のカンジと水の清冽さが西の内谷川に似ている。

岩がそこそこ大きくて水量も豊富。

雰囲気の良い遡行が続きます。

水質は申し分ないです

10m位の滝。登るとしたら左かなぁ~と思っていたらSGさんは過去に真ん中登ったと。。。確かによく見ると中央は階段状で水量がもう少し少なくて真夏なら突っ込むのもありですね。

プチゴルジュもあります。行動してると暑くてガマン出来なくなって来たてので泳いてヘツってシャワーです。気持ちいい!

泳いでヘツって、、、

這い上がってステミング。


斜滝は直登です。ISOさんのルートは水に濡れ難いですが微妙なので、ワタシは滑りにくくガバのあるルート取りにするとどうしても水線になっちゃう。冷たいケド落ちたくないので。

ISOさんの様に登攀能力があればルートの自由度が上がるのですが、フリクションとホールドを追うと選択肢がなくシャワーになる。。。

また、プチゴルジュ。ジャンジャン水線に突っ込みます。

1ヵ所、屋久島下部並の大岩で埋め尽くされた箇所がありました。ボルダラーが見たら泣いて喜びそうです。

自然林の雰囲気もなかなか良い場所です。テンバにも最高。

その後は大きな滝もなくゆっくりと高度を稼ぎます。

水枯れして詰めの雰囲気。淡々と高度を上げます。

烏帽子岳への縦走路に飛び出しました。この付近は背丈ほどのスズタケがまだ残っていて、獣道を探して通らないと結構な藪漕ぎになりました。藪漕ぎグレード2級+

 
ぼんさん道を下ります。。。
が、この道ハイカー向けじゃないですね。最初は良いケド林道から下は崖際の巻き道みたい。坊さんが居ない隣町に移動で使ったという事ですが、ワタシが坊さんだったらこの道はお断りか料金3倍ですね。

途中の舗装路でSGさんが「サルナシ」の木を見つけて実を取って「騙されたと思って食べてみて 」 と。。。
英語ではベビーキウイとも呼ばれるらしく、割った断面と味は正にキウイ!!
たわわになった実に飛びつくサルワタシ (^_^;







途中から良い道になったので、林道直下の道をロストしてたか道がロストしてたのか。














国土地理院地図

トラックデータ。
今回もGARMIN OREGON400が不調なため [BV600S] [BV600S vs OREGON400]  を代替えで。アプリは [Oruxmaps] [field testing Oruxmaps] を使用。地図は [SAS.Planet] でOruxmapsにexportして作成。
遡行 8.5Km 4時間半
そんなに飛ばした分けではないのに野郎3人だと時間短い。休憩が少ないからか。。。

2017/09/24 Free climbing KAMEYAMA at Yamaguchi

2017/09/24 マルチの練習 亀山 山口県
Unfortunately this text is in Japanese only.
久しぶりに山口県にある亀山へ。お誘いいただきありがとうございます。
2pitchの核心部?に奮闘するチャーさんの後輩さん。股関節が柔らかくて良い感じでした。
ワタシは1pitch目の出だしで力尽きテンション掛けちゃった。とほほ。

後輩さんが超久しぶりの復帰という事で、マルチの手順を一つ一つ確かめながらの練習です。ワタシはこのルート一回登った事かるのですが、全く進歩しませんね、っていうか後退している感じ(T_T

フリーで遊んで帰りました。
痩身の登りをみせたちゃーさん、流石です。

2017年9月28日木曜日

2017/09/27 Mixd tile with shading (SAS.Planet)

2017/09/27 地図タイルデータ 陰影起伏図 SAS.Planetで作製
Unfortunately this text is in Japanese only.
コメントいただいたので、過去にSAS.Planetで生成テストしたデータをスマホから引っ張り出してみました。oruxmapsにexportして表示したスナップショット。GARMIN用に.JNXで直接exportする場合はオーバーレイは指定できないみたいです。
また、settings>option>view でガンマ値やコントラストを調整して表示した状態でexportしてみましたが、タイルデータには反映されませんでした。SAS.Planetは機能多彩なのでイロイロ試してみて下さい。

国土地理院地図
プレーン状態のタイルデータで生成した地図。














国土地理院地図+陰影



OpenStreetMap Hill shading データを合成して生成。



SQLite DB のblogデータのタイルを確認してみると画像として重畳(合成)されてる。



2017年9月19日火曜日

2017/09/19 Meta data for DENSHI-KOKUDO map tiles #3

2017/06/28 電子国土 地図タイル メタデータがezjnxwinに使えるか? #3
Unfortunately this text is in Japanese only.
目録(xyzタイルマップのメタ情報)を調べてたら。
※目録データは [Githubのココ] に情報公開されてます(コメントで情報いただきました)
再取得してみると前回取得したデータと違う。。。つまり更新されているって事。  [前々回確認時] と内容が更新されている。しかもThumbs.dbの不要行は削除されてた!(最終不要2行も1行削除)
これはezjnxwinも対応せざるを得ないですね。

で、座標指定の地理院地図で地域メッシユの表示もしたいケド、JavaScript弄るの面倒だなって思っていたら。。。なんと、すでに機能がありました。しかもタイル座標やグリッドも表示可能!!
誰か教えてよぉ~。
これで別の機能実装に時間が廻せる (^_^)/






全く関連ない話ですが、、、
台風の来る来る詐欺で週末土日に強制自宅警備でしたが、体力維持に我ホームグラウンドの皿倉・権現・帆柱エリアへハイキングに出かけましたが登山口で弾かれました (T_T
三連休最終日も自宅警備継続に突入してましたが、試登のお誘いをいただき速攻で移動。
某所にて登攀中2nd pitch。
基部は風化で超脆くて怖かった。全体的にも岩質は良くないカンジ。。。


岩質さえ良ければねぇ~。
アプローチも1時間位掛かるけど (^_^;
適当な運動になりました。ありがとうございました。

2017年9月14日木曜日

Tring http/2 for ezjnxwin

2017/09/14 ezjnxwin HTTP/2対応テスト
Unfortunately this text is in Japanese only.
少し前にezjnxwinのHTTP/2化で調べてると気になる?事が...
国土地理院のタイル取得するとresponse header 見る限り、「Amazon S3」 サーバの「Amazon CloudFront」 が 返信してる!!
"別に国土地理院がどのサーバー使おうと勝手じゃん" と思えないのはサービス料金体系。AWSは良く知らないがLIST,GET,POST等のrequestとネットワークトラフィックの両方で課金される様に読み取れる。


初回のrequestには当然"200"でresponse。

で、ローカルキャッシュをクリアせずに同一のrequest出すと"304"でrespomseが返信!
まぁ、当たり前やろ では見過ごせない。だって、GETは出てる訳でして課金の対象になるのでは?という疑問が。




それで更に気になりだしたのが "404" NotFound (No Map)。地図タイルの準備されていない箇所を大量にGETして無駄な課金が発生しているとしたら貴重な国民の血税が不要なネットワークトラフィックと共に消費されている訳でして。となるとコメントでいただいた国土地理院のGithubに有った 「目録」 データベースを使用して対応する必要がありそう。
因みにYahoo!のサイトのserver responseも調べてみると、ちゃんとHTTP/2対応を確認。
実はHTTP/2対応のテストプログラムは無事動作してまして後は実装のみ。ネットワークトラフィックから試算したら1セッションのみで4~5倍程度なので、2セッションなら8~10倍高速化できる!?...予定...かも。ezjnxwinを使ってる人数はたかが知れてると思うケド、スマホ用地図生成ソフト(自分用)にブランチさせたいので。クラス化して別サーバーをスレッドで並行処理も簡単なのでサーバーの負荷を最小限にしつつ20倍速!!とか出るといいなぁ~。